本文へスキップ

Ayabe Renaiss Hospital

お問い合わせ TEL.0773-42-8601 FAX.0773-42-8603
問い合わせメール

脳・脊髄外科(脳神経外科)のご案内

診療担当医・担当日

更新:2019/07/18
午前診察
 午前診察  月  火  水  木  金  土
脳脊髄外科
(脳神経外科)
深 谷
副院長

(受付終了
10:00)
深 谷
副院長

(受付終了
10:00)
深 谷
副院長

(受付終了
10:00)
深 谷
副院長

(新患のみ)
(受付終了
11:30)

10:30~
脳神経外科  ー  ー ー 
長谷川
(第三)
10:30~
ー   ー
※予約制を基本としています。
 新患、予約以外で受診を希望される場合は電話にてお問い合わせください。
※ 緊急手術のため、急に変更や休診となる場合がございます。
  詳しくは電話にてご確認ください。
※ 月・水・木の受付終了が10:00となりますご注意ください。


手術の紹介

綾部ルネス病院脳神経外科では、頚椎から腰椎まで脊椎脊髄の手術を中心に行い、髄膜腫、下垂体腫瘍、聴神経腫瘍などの良性脳腫瘍、及び悪性脳腫瘍にも、積極的に取り組んでいます。
最新の、脳・脊椎脊髄治療に必要な機器を完備しています。ナビゲーション装置、電気生理モニタリング装置、手術顕微鏡を導入する事で、安全かつ確実な手術を行っています。
手術を必要とする病気に対して、小さな傷で、痛みや出血も少なく短時間に出来る治療は、患者さんと医師たちの夢でした。当院では、より身体に負担の少ない低侵襲治療を行うことで、術後の回復が早く、入院時間の短縮につながっています。


手術件数
手術病名 \ 年 2013 2014 2015  2016  2017 2018 
脊柱管狭窄症 頚 部 36 31 33 32  33  33 
胸 部 2 2 1
腰 部 69 79 111 87 113   104
縦靱帯骨化症 頚 部 0 1 1  8
胸 部 0 0 1  0
椎間板
ヘルニア
頚 部 0 0 0  3
腰 部 16 8 17 25  22   23
脊椎分離・
分離すべり症
腰 部 0 9 4  5
脊椎変性
後側弯症
腰 部       40   32
脊椎外傷 頚 部 1 1 1  0
胸 部 3 0 1 8  1
腰 部 1 6 4 16  11
脊椎・脊髄腫瘍 3 3 2 1  7
化膿性脊椎炎 3 1 1 3  2
脳腫瘍 6 7 1 6  2
脳動脈瘤 0 2 1 2  4
脳外傷 23 34 23 20  37  23
微小血管減圧術 0 0 2 0  0
その他 23 16 37 12  8  28
合  計 186 200 241 221   300  287

安心して手術を受けていただくために


手術機器の紹介

ナビゲーションシステムと連動する術中CT撮影機
「O-arm O2」


 2019年7月に手術中にCTが撮影できるO-armを導入しました。
O-armで撮影した画像をナビゲーションシステムに送り、三次元画像をモニター画面に表示しながら手術を行う事で、的確な手術部位や進路情報を手術者に提供できます。これにより、ピンポイントで手術部位にアプローチができ、手術の精度・手術時間の短縮となり、患者さんへの安全性が格段に向上します。京都府では初導入となる最新機器です(2019年7月現在)。
 


脊椎手術に特化した手術ベッド
「Triosテーブルシステム」


 オールカーボン製の透視用テーブルを用いた手術台で、脊椎の手術に特化しており、体圧・腹圧が分散され出血量が少なくなります。また、手術中にCT、レントゲン撮影を行う際、脊椎全体の撮影が安易に行え、安全で効率的な手術を行う事ができます。京都府では初導入となる最新機器です(2019年6月現在)。
3D撮影X線装置
「ARCADIS Orbic3D」


 2016年10月に手術中に3D撮影が可能なX線装置「ARCADIS Orbic3D」を導入しました。今までの1次元の撮影に加え、患者さんの体位を変えないまま3次元(3D)で画像を撮影することができます。
 この装置により、手術部位を様々な角度から状況確認することができるようになり、当院で行う繊細な部位である脊椎の手術において とても有益です。
 さらに、ナビゲーションシステムと接続することにより立体的な画像として手術部位を確認することができ、よりに安全で正確な手術が出来るようになりました。
 京都府で4施設目になる最新の医療機器です(2016年11月1日現在)。
脳神経外科手術用
ナビゲーションシステム


 手術前に撮影した患部の画像に、手術器具を表示し、位置確認しながら手術が行える画像支援システムです。
 通常では見えないところを3D化することで、術野を把握しながら手術を進めることができ、より安全で的確な作業が可能になります。
神経機能検査装置

 全身麻酔で手術を受けられる患者様の神経機能をモニタリングする機器です。
 これまで、全身麻酔で手術を受けられる場合、神経の機能が維持されているかどうかは、麻酔から醒めるまで分かりませんでした。
 この機器を使用することにより、術中でも神経・筋の活動状態を検査することができる為、安全・正確に手術が行えます。
手術用マイクロ顕微鏡

 当院では患者様の身体の負担の軽減を軽減し、術後の早期回復を促進するために傷口を少なくする手術を行っております。
 このマイクロ顕微鏡を使用することにより、小さな傷口からでも術野を確保し、神経を取り扱う細かな手術も正確・安全に行うことができます。


NCD(一般社団法人National Clinical Database)の参加について

NCD 参加について
診療担当一覧(PDF)
診療担当一覧


information病院情報

医療法人綾冨士会 綾部ルネス病院

〒623-0046
京都府綾部市大島町二反田7-16
TEL.0773-42-8601
FAX.0773-42-8603

 関連施設